安全教育や技能講習

トップページ職場の安全と衛生>このページ

有害危険な業務に就かせるとき

一定の危険有害な業務に就く場合、免許の取得や技能講習の修了など就業の制限があるほか、特別教育の実施を義務付けられている業務があります。また、危険有害な業務に就く作業者を指揮する「作業主任者」を、免許取得者または技能講習修了者から選任しなければなりません。

労働安全衛生法に基づく免許や技能講習等

作業主任者

その他の安全教育

労働安全衛生法に基づく教育は、上記以外にも、雇入れ時教育、作業内容変更時教育、職長等教育、危険有害業務従事者への教育、安全衛生業務従事者に対する能力向上教育などがあります。

雇入れ時の安全衛生教育

作業内容変更時の安全衛生教育

職長等教育

労働安全衛生法に基づく特別教育

また、通達において、安全衛生責任者、振動工具取扱い作業者、騒音職場の作業者、VDT作業従事者、重量物取扱い作業・介護看護作業・車両運転作業等の従事者に対する腰痛予防の教育などの安全衛生教育が示されています。