令和2年賃金引上げ等の実態に関する調査の結果

Last Updated on 2020年11月28日 by

会社事務入門最近の会社事務関連の情報>このページ

厚生労働省は、令和2年「賃金引上げ等の実態に関する調査」の結果を公表しました。2020/11/25

概要は以下の通りです。

1 賃金の改定状況

(1)賃金の改定の実施状況別企業割合
「1人平均賃金(注)を引き上げた・引き上げる」企業割合 81.5%(前年 90.2%)

(2)1人平均賃金の改定額(予定を含む。) 4,940円(前年5,592円)。改定率(予定を含む。) 1.7%(同 2.0%)

2 定期昇給等の実施状況
(1) 賃金の改定を実施し又は予定している企業及び賃金の改定を実施しない企業における定期昇給の状況
定期昇給を「行った・行う」企業割合
管理職 67.3%(前年 71.2%)
一般職 75.5%(同 80.4%)

(2) 定期昇給制度がある企業におけるベースアップの状況
ベースアップを「行った・行う」企業割合
管理職 21.5%(前年 24.8%)
一般職 26.0%(同 31.7%)

(3) 賃金カットの実施状況
賃金カットを「実施し又は予定している」企業割合 10.9%(前年 6.0%)

詳細は厚生労働省ホームページに掲載されています。

このページの記事は2020/11/26に収集したニュースです。閲覧時期によっては内容が古くなっていることがあります。