冬場における換気の方法

Last Updated on 2020年11月28日 by

会社事務入門最近の会社事務関連の情報>このページ

厚生労働省ホームページに、冬場における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法が掲載されました。

居室の温度および相対湿度を18℃以上かつ40%以上に維持できる範囲内で、暖房器具を使用しながら、一方向の窓を常時開けて、連続的に換気を行うこと。加湿器を併用することも有効です。

居室の温度および相対湿度を18℃以上かつ40%以上に維持しようとすると、窓を十分に開けられない場合は、窓からの換気と併せて、可搬式の空気清浄機を併用すること。

一方向の窓を少しだけ開けて常時換気をする方が、室温変化を抑えられます。窓を開ける幅は、居室の温度と相対湿度をこまめに測定しながら調節してください。

など。

詳細は厚生労働省ホームページの下記リンクです。

このページの記事は2020/11/27に収集したニュースです。閲覧時期によっては内容が古くなっていることがあります。