男女雇用機会均等法の目次

Last Updated on 2021年1月4日 by

会社事務入門会社に関係する主な法律>このページ

一般に男女雇用機会均等法と呼ばれる法律は、正式には、雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律といいます。

33条と附則等で構成されています。

第一章 総則

第一条(目的)
法の下の平等を保障する日本国憲法の理念にのつとり雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保を図るとともに、女性労働者の就業に関して妊娠中及び出産後の健康の確保を図る等の措置を推進することを目的とする。

第二条(基本的理念)
労働者が性別により差別されることなく、また、女性労働者にあつては母性を尊重されつつ、充実した職業生活を営むことができるようにすることをその基本的理念とする。

第三条(啓発活動)

第四条(男女雇用機会均等対策基本方針)

第二章 雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等

第一節 性別を理由とする差別の禁止等

第五条(性別を理由とする差別の禁止)

関連記事:性差別の禁止

第六条

第七条(性別以外の事由を要件とする措置)

第八条(女性労働者に係る措置に関する特例)

第九条(婚姻、妊娠、出産等を理由とする不利益取扱いの禁止等)
関連記事:解雇制限について

関連記事:降格させるときの注意点

第十条(指針)

第二節 事業主の講ずべき措置等

第十一条(職場における性的な言動に起因する問題に関する雇用管理上の措置等)
関連記事:セクハラに対する会社の対応

関連記事:セクハラの定義

第十一条の二(職場における性的な言動に起因する問題に関する国、事業主及び労働者の責務)

第十一条の三(職場における妊娠、出産等に関する言動に起因する問題に関する雇用管理上の措置等)
関連記事:マタハラに対する会社の対応

第十一条の四(職場における妊娠、出産等に関する言動に起因する問題に関する国、事業主及び労働者の責務)

第十二条(妊娠中及び出産後の健康管理に関する措置)
関連記事:妊産婦に対する健康管理のための時間等

第十三条

第十三条の二(男女雇用機会均等推進者)
関連記事:機会均等推進責任者

第三節 事業主に対する国の援助

第十四条

第三章 紛争の解決

関連記事:男女雇用機会均等法に関するトラブルが発生したら

第一節 紛争の解決の援助等

第十五条(苦情の自主的解決)

第十六条(紛争の解決の促進に関する特例)

第十七条(紛争の解決の援助)

第二節 調停

第十八条(調停の委任)

第十九条(調停)

第二十条
第二十一条
第二十二条
第二十三条

第二十四条(時効の完成猶予)

第二十五条(訴訟手続の中止)

第二十六条(資料提供の要求等)

第二十七条(厚生労働省令への委任)

第四章 雑則

第二十八条(調査等)

第二十九条(報告の徴収並びに助言、指導及び勧告)
第三十条(公表)
関連記事:男女雇用機会均等法違反について

第三十一条(船員に関する特例)

第三十二条(適用除外)

第五章 罰則

第三十三条