カテゴリー
安全衛生管理

ボイラーの規模による必要な免許の種類

トップページ職場の安全と衛生作業主任者>このページ

ボイラー取扱作業主任者と免許の種類

事業者はボイラーの規模に応じて一定の資格を有する者をボイラー取扱作業主任者として選任する必要があります。

ボイラー取扱作業主任者の選任基準

取り扱うボイラーの伝熱面積の合計 ボイラー取扱作業主任者の資格
貫流ボイラー以外のボイラー(貫流ボイラー又は廃熱ボイラーを混用する場合を含む。) 貫流ボイラーのみ  
500㎡以上   特級ボイラー技士
25㎡以上500㎡未満 250㎡以上 特級ボイラー技士
一級ボイラー技士
25㎡未満 250㎡未満 特級ボイラー技士
一級ボイラー技士
二級ボイラー技士
小規模ボイラーのみを取り扱う場合 蒸気ボイラー(3㎡以下) 30㎡以下(気水分離器を有するものでは、その内径が400mm以下で、かつ、その内容積が0.4㎥以下のものに限る。) 特級ボイラー技士
一級ボイラー技士
二級ボイラー技士
ボイラー取扱技能講習修了者
温水ボイラー(14㎡以下)
蒸気ボイラー(胴の内径750mm以下、かつ、胴の長さ1300mm以下)

小規模ボイラーよりもさらに小さい区分として小型ボイラーと簡易ボイラーがあります。小型ボイラー(取扱いには特別教育を要する)と簡易ボイラーはボイラー取扱作業主任者を選任する必要はありません。