カテゴリー
安全衛生管理

酸素欠乏危険作業主任者技能講習

トップページ職場の安全と衛生免許や技能講習等技能講習>このページ

酸素欠乏危険作業主任者とは

第一種酸素欠乏危険作業(酸素欠乏症となるおそれはあるが硫化水素中毒となるおそれはない場所での作業)を行うには酸素欠乏危険作業主任者を選任しなければなりません。

酸素欠乏危険作業主任者は、労働安全衛生法に定められた作業主任者のひとつであり、酸素欠乏危険作業主任者技能講習または酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習を修了した者の中から事業者が選任します。

技能講習の内容

学科
① 酸素欠乏症及び救急そ生に関する知識
② 酸素欠乏症の発生の原因と防止措置に関する知識
③ 保護具に関する知識
④ 関係法令
⑤ 修了試験

実技
① 救急そ生
② 酸素濃度の測定
③ 修了試験

関連する資格の保有者は一部免除に該当する場合があります。

講習の受講資格等制限は特にありません。

一般的には、この講習ではなく「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習」を受講します。

参考サイト:東京労働基準協会連合会|酸素欠乏危険作業主任者技能講習

受講を希望するときは講習機関等の公式HP等で最新情報を確認してください。