カテゴリー
安全衛生管理

高ストレス者への面接指導

トップページ職場の安全と衛生ストレスチェック>このページ

面接指導の対象者

ストレスチェックの結果、高ストレスと評価された労働者が面接指導を希望した場合、会社は医師による面接指導を実施する必要があります。

労働安全衛生法に定められた医師による面接指導は、ここに説明する高ストレス者に対するものの他に、長時間労働の労働者に対する面接指導があります。

長時間労働者への面接指導

実施と実施後の措置

高ストレスと評価されたにも関わらず面接指導の申出を行わない労働者に対しては、医師等の実施者が面接指導の申出を勧奨することができます。

また、本人から面接指導を申出があった場合は、ストレスチェックの結果を会社に提供することについての同意があったものとみなされます。

面接指導の後、会社は面接指導をした医師から意見を聴き、必要に応じて就業上の措置を行うこととされています。

申出を理由とする不利益な取扱いは禁止されています。

面接指導を実施する医師

面接指導を実施する医師としては産業医が望ましいとされています。

産業医を選任する必要がない50人未満の事業所で、面接指導の必要がでてきた場合は、地域産業保健センターに依頼し、センターの医師が面接指導を実施することができます。この場合、事業者は当該医師から意見を聴取します。

衛生委員会の関与

面接指導について、衛生委員会又は安全衛生委員会は、調査審議を行い、事業者はその結果に基づいて必要な措置を講じなければなりません。