カテゴリー
事務手続

Zoomに参加するには

Last Updated on 2020年4月28日 by

トップページ庶務の仕事>このページ

Zoomとは

Zoomは、会議などをオンラインで開催することができるアプリです。

Zoomに参加するには

用意するもの

パソコンかスマホが必要です。

Webカメラ、マイク、スピーカー(またはイヤホン)が必要です。使用しているパソコンやスマホに内蔵されていれば条件を満たします。ついてない場合は、外付けのものを用意する必要があります。

パソコンから参加する

主催者から招待してもらえば、ユーザー登録しなくても、Zoomの会議に参加できます。

招待のURLをブラウザで開きましょう。

「ブラウザから参加」というリンクをクリックします。

主催者がブラウザからの参加を認めていない場合は「ブラウザから参加」が出ません。その場合は、下で説明するアプリをダウンロードしましょう。

ブラウザから参加の続きです。

「ミーティングパスワード」と「名前」を入力する画面がでます。

パスワードが設定されていれば、通常はURLと一緒に送られてきます。パスワードを設定していない会議であればパスワード入力欄が出ません。

「名前」は、会議の時に、表示される名前です。なんでも構いませんが、その会議がフォーマルなものであれば実名を入力します。

次に、「コンピューターでオーディオに参加」をクリックして、主催者が、許可を出すまで少し待ちます。

会議に入ったときに、主催者の指示にしたがって、マイクをOn/Offしたり、ビデオをOn/Offしたりします。

ブラウザは機能が制限されるので、会社のPCなどでアプリのインストールを制限されている場合を除き、アプリをインストールしたほうが良いです。

Zoomのホームページから、「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードします。

スマホから参加する

スマホから参加するには、Zoomアプリが必要です。

App StoreかGoogle Playからアプリをインストールします。

インストールしたら、開いて「ミーティングに参加する」ボタンをクリックします。

ミーティングIDと名前を入力する画面が出るので入力します。

ミーティングIDは、通常は主催者から伝えられます。または、招待されたURLの中に入っている10桁の数字を入力します。

入力後「参加」ボタンをクリックします。

オンライン会議を主催したいときは→Zoomを設定するには