労災保険に加入していないときに労災事故が起こればどうなるか

かかった費用を求められる 労災保険は強制保険なので、労働者を1人でも雇っている事業主は、労災保険の加入手続を行って労働保険料を納付しなければなりません。 もし、労災保険に加入していない、あるいは労働保険料を払っていない期… 続きを読む 労災保険に加入していないときに労災事故が起こればどうなるか

仕事中のケガなのに労災保険を使わないのはどうなのか

仕事中のケガは労災が原則 仕事中のケガには労災を使うのが原則です。とは言うものの、例えば、ちょっとした打撲などのように病院へ行っても一回で済んでしまうような軽症だと、多くの労働者は会社に労災だと申告しにくいと感じるもので… 続きを読む 仕事中のケガなのに労災保険を使わないのはどうなのか

労災保険の休業給付を事業主が一時立て替える制度

労災保険受任者払い制度 労災保険の給付は申請者本人の口座に振り込まれるのが原則です。ただし、労働基準監督署に書類を提出してから約1か月、ときにはそれ以上の時間がかかるので、労働者の生活を維持するために、事業主が立て替えて… 続きを読む 労災保険の休業給付を事業主が一時立て替える制度

労働者とは

法律の定義 労働基準法 労働基準法は「労働者」を次のように定義しています。 労働基準法第9条 この法律で「労働者」とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所に使用される者で、賃金を支払われる者をいう。 「使用されていること… 続きを読む 労働者とは