労使協議制の解説

労使協議制とは 広い意味では、団体交渉も含めて、労働者側と使用者側の協議はすべて労使協議と言えますが、狭義では、団体交渉以外の場で労使が協議する場として、当該労使の合意によって設置される常設的な機関のことを言います。労使… 続きを読む 労使協議制の解説

団体交渉の手続き

団体交渉の開始手続き 団体交渉は、労働組合からの団体交渉申入れにより開始されます。一般に労働組合から書面により日時、場所、交渉出席者、交渉事項などが明らかにされます。 使用者は、特段の意義がなければ書面で受諾の回答をし、… 続きを読む 団体交渉の手続き

団体交渉の対象事項

任意的団体交渉事項 一般論としては、双方が合意すればいかなることも団体交渉の対象にすることができます。 例えば、次期取締役の選任について労働組合が団体交渉を求めたとき、応諾義務はありませんが、会社側が応諾したときは団体交… 続きを読む 団体交渉の対象事項

団体交渉の応諾義務と誠実交渉義務

応諾義務 使用者が、労働組合法に適合する労働組合から申し込まれた団体交渉を正当な理由がなく拒否することは不当労働行為にあたります。 (不当労働行為)労働組合法第7条 使用者は、次の各号に掲げる行為をしてはならない。一(略… 続きを読む 団体交渉の応諾義務と誠実交渉義務

団体交渉の当事者

労働者側当事者 労働組合 労働者側の当事者は、原則として労働組合第2条の要件を満たす労働組合、つまり法適合組合である単位組合が団体交渉の当事者になります。 また、支部、分会などの下部組織も、組合本部の統制に服する範囲で、… 続きを読む 団体交渉の当事者