雇い止めのルール

会社事務入門>採用の手続き>有期雇用労働者雇用の注意点>このページ 雇い止めとは 有期労働契約は、期間が満了すれば当然に退職になるのが一般的ルールです。当初の契約が終了するのですから、解雇という問題は発生せず、自然に退職… 続きを読む 雇い止めのルール

有期労働契約途中解約のルール

会社事務入門>有期雇用労働者雇用の注意点>このページ 原則として期間中は解約できない 1ヶ月とか、1年のように、期間を定めて雇用することを有期労働契約といいます。 →有期雇用労働者雇用の注意点 パート、アルバイトだからと… 続きを読む 有期労働契約途中解約のルール

5年の労働契約を結べる場合

会社事務入門>採用の手続き>有期雇用労働者雇用の注意点>このページ 3年ではなく、5年、必要な期間もある 一定の労働者については最大5年の労働契約を結ぶことができます。また、必要な期間の労働契約を結べる職種もあります。 … 続きを読む 5年の労働契約を結べる場合

無期労働契約への転換の例外

会社事務入門>採用の手続き>有期雇用労働者雇用の注意点>このページ 無期労働契約への転換 有期労働契約が5年を超えて反復更新されたときには、労働者の請求によって無期労働契約に転換できます。→無期労働契約への転換 ただし、… 続きを読む 無期労働契約への転換の例外

無期労働契約への転換と通常の労働者への転換

会社事務入門>採用の手続き>パート労働者雇用の注意点・有期雇用労働者雇用の注意点>このページ 無期契約への転換 有期労働契約が5年を超えて反復更新されたときには、労働者が申込みすることによって無期労働契約に転換できます。… 続きを読む 無期労働契約への転換と通常の労働者への転換