継続雇用制度について

継続雇用制度とは、定年を迎える従業員を、本人が希望により定年後も引き続いて雇用することをいいます。
継続雇用制度には、「勤務延長制度」と「再雇用制度」があります。勤務延長制度は、定年年齢に達した従業員を退職させることなく雇用を延長する制度です。雇用形態や仕事内容、役職、賃金などを原則として変更せず、勤務する期間だけが延長される制度です。
対して再雇用制度は、定年年齢に達した従業員を一度退職させてから再び雇用して雇用期間を延長する制度のことを指します。再雇用制度の多くは、正社員としての勤務ではなく、嘱託などの雇用形態で契約を交わすことになるため、定年前とは異なる雇用条件で働くことになります。

法律の定め

高年齢者雇用安定法では、定年を迎えた60歳から65歳までの従業員を対象に再雇用を行う、継続雇用制度を定めています。

雇用確保と就業機会

継続雇用制度の経過措置

子会社での継続雇用

再雇用後の待遇について

無期労働契約への転換の例外

手続き

継続雇用は、退職の手続きと再雇用の手続きの両方を行うため注意が必要です。定年退職者の退職と再雇用の手続きの手順と、必要な書類について解説します。

定年後再雇用の手続き

社内規程

法律に基づいた制度ですが、実施にあたっては就業規則等に定めなければなりません。また、会社が独自に定める部分もあります。手続きを円滑に進めるために、従業員が明快に理解できる分かりやすい規程を整備する必要があります。

定年後再雇用規程

契約社員就業規則

会社事務入門>このページ