カテゴリー
会社の運営

ビルの防火管理

トップページ職場の安全と衛生防火管理について防火対象物>このページ

複合用途防火対象物の防火管理

多くのテナントが入居している複合用途防火対象物等では、個別テナントとタイアップしたビル全体の防火管理体制が必要です。

ビル所有者の役割

ビル所有者は統括防火管理者を選任する必要があります。

ビル全体をみる統括防火管理者がいて、テナントごとにそれぞれのテナントを担当する防火管理者いるという体制になります。

統括防火管理者の役割

統括防火管理者は、所有者を代表して協議事項の届出を行います。各テナントの防火管理者に対する指導や監督も行います。

統括防火管理者は、建物全体の消防計画を作成します。

建物全体の消防計画では、ビル全体の形態を考慮して、所有者、テナントそれぞれの役割を定めます。

各テナントは、全体の消防計画を基本として、各テナントの消防計画を定めます。

統括防火管理者は、防火施設、避難施設の点検整備を行います。共用部分やゴミ置き場の管理も重要です。

統括防火管理者は、ビル全体で行う訓練の方法や実施日時を共同防火管理協議会で決定し、各テナントの防火管理者に連絡し、実施します。

統括防火管理者は、防災センターの運営と管理の責任者でもあります。防災センターの要員は、建物の用途や規模に応じて、防災センター要員講習の受講や、自衛消防技術認定証の資格が必要です。