寄宿舎での事故発生報告

Last Updated on 2021年8月26日 by

労働基準監督署長へ事故報告

事業の附属寄宿舎内での、火災若しくは爆発又は倒壊の事故、および事故による死亡等については、消防や警察などの他、労働基準監督署長にも報告しなければなりません。

これは労働基準法101条(労働基準法施行規則57条)の定めによるものですが、届出の様式は労働安全衛生規則(様式22・様式23)を用います。

関連記事:寄宿舎設置の留意点

会社事務入門労働基準監督署に関すること>このページ