年次有給休暇の賃金を標準報酬日額で支払う場合の労使協定のサンプル

Last Updated on 2022年11月8日 by

年次有給休暇の賃金に関する労使協定

〇〇株式会社(以下「当社」という)と同社従業員代表〇〇〇〇とは、年次有給休暇中の賃金に関し、労働基準法第39条第9項ただし書に基づき、次のとおり協定する。

第1条 〇〇株式会社は年次有給休暇の手当として健康保険法第3条に定める標準報酬日額に相当する金額を支払う。

第2条 この協定は、令和 年 月 日から適用する。

第3条 この協定の有効期間は1年間とする。ただし、有効期間満了前に当事者の何れかが書面による破棄の通告を期間満了の1か月前までにしない限り、有効期間を更新する。

令和 年 月 日

〇〇株式会社代表取締役 〇〇〇〇 ㊞

〇〇株式会社従業員代表 〇〇〇〇 ㊞

関連記事:年次有給休暇に支払われる賃金

会社事務入門就業規則などの社内規程の作り方労使協定のサンプル>このページ