労働基準監督署等からの報告出頭命令

Last Updated on 2021年8月27日 by

労働基準法

労働基準監督署長や労働基準監督官は、使用者や労働者に報告をさせ、または出頭を命じることができます。

(報告等)
労働基準法第104条の2 行政官庁は、この法律を施行するため必要があると認めるときは、厚生労働省令で定めるところにより、使用者又は労働者に対し、必要な事項を報告させ、又は出頭を命ずることができる。
② 労働基準監督官は、この法律を施行するため必要があると認めるときは、使用者又は労働者に対し、必要な事項を報告させ、又は出頭を命ずることができる。

行政官庁というのは、労働局長や労働基準監督署長のことです。

違反の場合は、労働基準法第120条の規定により、三十万円以下の罰金になる可能性があります。

労働安全衛生法

労働安全衛生法にも労働基準法と同様の規定があります。

労働安全衛生法第100条 厚生労働大臣、都道府県労働局長又は労働基準監督署長は、この法律を施行するため必要があると認めるときは、厚生労働省令で定めるところにより、事業者、労働者、機械等貸与者、建築物貸与者又はコンサルタントに対し、必要な事項を報告させ、又は出頭を命ずることができる。

事業者、労働者、機械等貸与者、建築物貸与者又はコンサルタントに対し、報告又は出頭を命じることができます。

2 厚生労働大臣、都道府県労働局長又は労働基準監督署長は、この法律を施行するため必要があると認めるときは、厚生労働省令で定めるところにより、登録製造時等検査機関等に対し、必要な事項を報告させることができる。

登録製造時等検査機関等も対象です。

3 労働基準監督官は、この法律を施行するため必要があると認めるときは、事業者又は労働者に対し、必要な事項を報告させ、又は出頭を命ずることができる。

労働基準監督官は、事業者または労働者の報告出頭を命じることができます。

労働安全衛生法第100条は、厚生労働大臣、労働局長、労働基準監督署長が、事業者等に報告出頭を命じることができる規定です。

労働安全衛生法100条第1項または第3項違反の場合は、労働安全衛生法第120条の規定により、五十万円以下の罰金になる可能性があります。

会社事務入門労働基準監督署に関すること>このページ

投稿日:
カテゴリー: 未分類