貯蓄金管理について

強制貯金の禁止 使用者が労働者に対して貯金を強制してはいけません。六箇月以下の懲役又は三十万円以下の罰金という罰則が規定されています。 (強制貯金)第十八条 使用者は、労働契約に附随して貯蓄の契約をさせ、又は貯蓄金を管理… 続きを読む 貯蓄金管理について

労働者とは

法律の定義 労働基準法 労働基準法は「労働者」を次のように定義しています。 労働基準法第9条 この法律で「労働者」とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所に使用される者で、賃金を支払われる者をいう。 「使用されていること… 続きを読む 労働者とは

労働基準監督署長と労働基準監督官

労働基準監督署長 労働基準法における労働基準監督署長の権限は次のとおりです。 許可33条1項(災害等による臨時の必要がある場合の時間外労働等の許可)41条3号(監視又は断続的労働に従事する者についての、労働時間、休憩及び… 続きを読む 労働基準監督署長と労働基準監督官

残業時間が法定時間を超えない管理

時間外労働の法律 労働時間の上限は労働基準法に定められています。 関連記事:法定労働時間 法定休日 法定労働時間を超えて労働させることはできません。法定休日に労働させることはできません。 ただし、労使協定(36協定)を締… 続きを読む 残業時間が法定時間を超えない管理