労使協定で賃金から控除するときの注意点

労働基準法の定め 労働基準法に次のような定めがあります。 労働基準法第24条 賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。 つまり、原則として賃金を支給するときは、何であっても差し引いて支給してはいけ… 続きを読む 労使協定で賃金から控除するときの注意点

給与計算に間違いがあったときの精算方法

間違いが見つかったら 給与計算にミスがあることが分かったら、給与計算をやり直したり、過不足分を精算したりする必要があります。 ミスが分かったらまずどのような形で精算するか方針が決めます。方針を決めたら速やかに対象の従業員… 続きを読む 給与計算に間違いがあったときの精算方法

有給休暇の時季変更権を行使する前に知っておくべきこと

時季変更権とは 有給休暇の時季変更権とは、労働者から有給休暇を取得する旨の申し出があったときに、その取得時期を変更させ、別の日に取得させる使用者の権利のことです。 権利ではありますが強い権利ではありません。それは、時季変… 続きを読む 有給休暇の時季変更権を行使する前に知っておくべきこと

徹夜になった場合の残業代はどうなるか

徹夜した場合の原則的扱い 労働基準法の1日とは午前0時から午後12時までの1暦日のことです。 しかし、前日からの時間外労働が午後12時を超えて翌日に及んだ場合は、翌日の始業時間までは1勤務として取り扱います。 翌日の始業… 続きを読む 徹夜になった場合の残業代はどうなるか

短時間・有期雇用管理者を選任する

会社事務入門>採用の手続き>パート労働者雇用の注意点・有期雇用労働者雇用の注意点>このページ 短時間・有期雇用管理者の選任努力義務 パートタイム・有期雇用労働法第17条には、短時間・有期雇用管理者の選任努力義務が定められ… 続きを読む 短時間・有期雇用管理者を選任する