一時帰休の注意点

一時帰休とは 一時帰休とは、企業が業績悪化などを理由に事業活動を縮小するために、従業員を一時的に休業させることです。 一時帰休によって休業した場合は、労働基準法第26条の「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当するの… 続きを読む 一時帰休の注意点

男女同一賃金の原則について

労働基準法の定め 女性だから、という理由で男性社員より低い給与にするのは違法です。 (男女同一賃金の原則)労働基準法第四条 使用者は、労働者が女性であることを理由として、賃金について、男性と差別的取扱いをしてはならない。… 続きを読む 男女同一賃金の原則について

貯蓄金管理について

強制貯金の禁止 使用者が労働者に対して貯金を強制してはいけません。六箇月以下の懲役又は三十万円以下の罰金という罰則が規定されています。 (強制貯金)第十八条 使用者は、労働契約に附随して貯蓄の契約をさせ、又は貯蓄金を管理… 続きを読む 貯蓄金管理について

労働者とは

法律の定義 労働基準法 労働基準法は「労働者」を次のように定義しています。 労働基準法第9条 この法律で「労働者」とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所に使用される者で、賃金を支払われる者をいう。 「使用されていること… 続きを読む 労働者とは