賃金制度について

トップページ>このページ

会社の賃金制度は、長年の積み重ねがあって現在の姿になっています。決めたときには理由があることでも、今となっては不満のもとになっていることもあります。適切なタイミングで自社の賃金制度を見直して、納得性の高い制度にアップデートしていく必要があります。

会社は賃金制度を作らなければなりません。賃金制度は、賃金を構成する要素、要素別の支給条件などを記載した賃金体系で示します。
賃金体系について

基本給を決定するにあたってどういう要素を重視するか、基本給の組み立て方について検討します。
基本給について

賞与は、一定の期間の利益を従業員に還元するものですが、配分方法を工夫しなけれなりません。
賞与について

手当は、基本給を補完する賃金ですが、会社の発展段階に応じて取捨選択が必要です。
手当について

退職金は、福利厚生的な支給であるとともに賃金の一部でもあります。
退職金について

賃金の構成や賃金を決める仕組み、個別の賃金などは基本的には経営者の判断で決めることができます。ただし、法律の制約があります。
賃金についての法規制