従業員数による手続きの違い

トップページ>このページ

例えば、労働基準法は従業員数が多くなるほど適用される内容が多くなります。10人で就業規則を作らなければならず、50人で衛生管理者や産業医が必要になります。さらに人数が増えると衛生管理者や産業医の数も増やさなければなりません。

1人でも雇用したら

従業員が5人になったら

従業員が10人になったら

従業員が30人になったら

従業員が50人になったら

従業員が100人になったら

従業員が200人になったら

従業員が300人になったら

従業員が500人になったら

従業員が1000人になったら

従業員が2000人になったら

従業員が3000人になったら