カテゴリー
会社の運営

従業員が5人になったら

トップページ従業員数による手続きの違い>このページ

障害者の雇用

5人以上の障害者を雇用(総従業員数ではなく、障害者である従業員の人数)する事業所
・障害者職業生活相談員選任の努力義務があります。
障害者職業生活相談員

社会保険の手続き

法人の場合は被保険者1人でも必要ですが、個人事業の場合は5人から加入手続きが必要です。なお、個人事業の場合は、農林水産、飲食店、旅館などの例外があります。
・新規適用届を年金事務所か事務センターに提出
事業を始めた時の社会保険手続き