懲戒処分をする前に知っておくべきこと

トップページ>このページ

懲戒処分は職場秩序を維持するために行うものですから、処分した結果が新たな火種になることは避けなけれなりません。そのためには、「事実」と「就業規則の定め」に基づいて、悪意や感情を入れずに対処しなければなりません。

懲戒は条件付きで認められている

使用者に懲戒権はあるものの簡単に懲戒することはできません。

労働契約法15条には懲戒について、

①就業規則において懲戒事由および懲戒の種類が定められていること
②労働者の行為が就業規則に定められている懲戒事由に該当すること
③懲戒処分内容が相当であること
④手続きが相当であること

という要件が規定されています。具体的には、下記の懲戒原則を満たす必要があります。

1.処分の種類とその定義が、就業規則に載っていなければなりません。
就業規則該当事由の原則

2.処分の種類が就業規則に乗っていなければなりません。
就業規則該当処分の原則

3.行為に対する処分がつり合いがとれていなければなりません。
行為と処分の均衡の原則

4.懲戒処分は平等でなければいけません。
平等取り扱いの原則

5.安易な連帯責任制はとれません。
個人責任の原則

6.一度処分をしたら同じ事案で処分を追加することはできません。
二重処分禁止の原則

7.改定した就業規則を過去の事案に適用することはできません。
不遡及の原則

8.本人の弁明を聴く必要があります。
処分手続き厳守の原則

9.勤務時間外の行為は会社への影響度を慎重に判断する必要があります。
私的行為を懲戒処分できるか

具体的な懲戒の種類とそれぞれの注意点

戒告処分をするときの注意するべき点

減給処分をするときの注意するべき点

出勤停止処分をするときの注意するべき点

降格処分をするときの注意するべき点

諭旨解雇処分をするときの注意するべき点

懲戒解雇処分をするときの注意するべき点

退職後に懲戒処分できるか

懲戒処分以外の手段

従業員に損害賠償請求ができるか