カテゴリー
会社の規程

職務発明|就業規則

トップページ社内規程の作り方就業規則逐条解説>このページ

職務発明に関する取り扱いを定める

「職務発明」とは、従業員が仕事で研究開発などをしているときに行った発明のことです。

職務発明については、会社に特許を使用する権利を帰属させて、従業員にはその対価を払うという仕組みが一般的です。

(職務発明)
第69条 従業員が、その職務に関連して、発明・考案等(以下「発明」という)をしたときは、会社は発明を行った従業員から、その発明に関する一切の権利を継承する。この場合、会社は発明を行った従業員に対して報奨金を支給する。

2 発明に関する詳細は、「職務発明取扱規程」に定める。

下のリンクは、特許庁ホームページ「中小企業等の皆様へ ~職務発明規程の導入~」へのリンクです。「中小企業向け職務発明規程ひな形」が掲載されています。

このホームページが提供する規程サンプルを掲載しています。

職務発明取扱規程

職務発明に関してもう少し詳しく記載しました。

職務発明制度について