執行役員

Last Updated on 2021年4月14日 by

会社事務入門株主総会、取締役などの会社の機関>このページ

執行役員とは

執行役と名称が似ていますが、執行役員の方は会社法や商業登記法で定められているものではなく、あくまで社内的に発令する役職であり、会社との関係は「労働者」に当たりたります。労働基準法等が適用されることに留意しなければなりません。

執行役

執行役員の役割はそれぞれの会社で決めることですが、一般的には、事業部門のトップとして部門の運営を担うポジションで、役職としては、部長や本部長の上という位置付けになることが多いようです。

取締役に次ぐ、役員待遇の社員を任命することが多いようです。取締役が兼務することもあります。理事という名称を用いる会社もあります。

執行役員制度を導入するときは、登記の必要もありませんから、一般的には社内規程などで位置付けを明らかにします。定款に記載することはできます。

支配人その他の「重要な使用人」に該当させる場合は取締役会決議によって選任することが求められます(会社法第362条第4項第3号)。