カテゴリー
会社の規程

組織規程のサンプル

トップページ社内規程の作り方会社規程のサンプル>このページ

組織規程

(目的)
第1条 この規程は、当社における経営組織、職務分掌及び職務権限に関する基本事項を定め、責任体制の確立を図ることを目的とする。

(取締役会)
第2条 取締役会は、株主総会、決算、株式、人事等、重要な業務執行を 決定し監督する。
2 取締役会の運営は「取締役会規程」による。

(監査役会)
第3条 監査役会は、重要な事項について報告を受け、協議し、監査する。
2 監査役会の運営は「監査役会規程」による。

(組織)
第4条 当社は、業務運営の基本組織として次の各部を設置する。
(1)総務部
(2)経理部
(3)営業部
(4)製造部
(5)設計部
2 二以上の部を統括する組織として本部を設置することがある。
3 組織の詳細は別紙「組織図」による。
3 各組織の職務分掌は「職務分掌規程」による。

(委員会)
第5条 会社の全ての業務は、組織単位によって分掌処理されることを原則とするが、重要な事項について社長の指示により委員会を設置することができる。
2 委員会の権限、委員長並びに委員、事務局は、委員会ごとに社長が決する。

(原則)
第6条 組織の運営に当たっては、指揮命令系統の一元化を図らなければならない。また、各職位者は関係者の職務権限を尊重し、協議を怠らず、円滑な運営に努めなければならない。

(職務分掌)
第7条 各組織単位は分掌の範囲を守り、業務の重複または間隙を生じさせないように努めなければならない。
2 各組織単位の職務分掌は「職務分掌規程」による。

(職務権限職位)
第8条 各職位はその職務の遂行について必要な権限を有するとともに、その責任を負う。
2 各職位の職務権限は「職務権限規程」による。

(管理責任者)
第9条 この規程の管理責任者は総務部長とする。

(改廃)
第10条 この規程の改廃は、社長の決裁を経なければならない。

附則 この規程は、平成〇〇年〇〇月〇〇日から施行する。

別紙「組織図」

解説記事:会社の組織的な運営