家族手当|就業規則

Last Updated on 2021年7月30日 by

家族手当について定める

規定例

支給対象と支給額を就業規則または給与規程に定めます。

(家族手当)
第33条 家族手当は、次の家族を扶養している従業員に対し支給する。
① 配偶者 月額     円
② 18歳未満の子1人につき 月額     円
③ 65歳以上の父母1人につき 月額     円

ポイント

家族手当は扶養手当ともいいます。法律的な義務付けはありませんが、福利厚生の一つとして多くの会社等で支給されている手当です。

家族手当、特に配偶者に対する手当は時代にそぐわないものいなっているという意見があります。

関連記事:家族手当について

モデル就業規則

厚生労働省モデル就業規則は家族手当の部分を次のように示しています。

(家族手当)
第33条  家族手当は、次の家族を扶養している労働者に対し支給する。
① 18歳未満の子
1人につき  月額     円
② 65歳以上の父母
1人につき  月額     円

会社事務入門就業規則などの社内規程の作り方就業規則逐条解説>このページ