カテゴリー
会社の規程

精勤手当|就業規則

トップページ社内規程の作り方就業規則逐条解説>このページ

精勤手当について定める

一般の会社では少なくなりましたが、工場などではまだ多い手当です。

(精勤手当)
第37条 精勤手当は、当該賃金計算期間における出勤成績により、次のとおり支給する。
① 無欠勤の場合  月額      円
② 欠勤1日以内の場合  月額      円

有給休暇を取得して休んだ場合は精勤手当に関しては出勤扱いしなければなりません。その他の休暇については会社が任意に決めることができます。

2 前項の精勤手当の計算においては、次のいずれかに該当するときは出勤したものとみなす。
① 年次有給休暇を取得したとき
② 第〇条の慶弔休暇を取得したとき
③ 業務上の負傷又は疾病により療養のため休業したとき

賃金を計算するときはきちんと分単位で控除計算をしなければなりませんが、精勤手当についてはこのようなやり方が認められます。

3 第1項の精勤手当の計算に当たっては、遅刻又は早退  回をもって、欠勤1日とみなす。

解説記事:精勤手当について