テレワークにおける労働時間|就業規則

Last Updated on 2021年7月26日 by

テレワークにおける労働時間について定める

規定例

在宅勤務者の時間外労働、休日労働及び深夜労働について所属長の許可制とする場合の規定例

(テレワーク勤務)
第〇条 在宅勤務者が時間外労働、休日労働及び深夜労働をする場合は所定の手続きを経て所属長の許可を受けなければならない。
2 時間外及び休日労働について必要な事項は就業規則第〇条の定めるところによる
3 時間外、休日及び深夜の労働については、給与規程に基づき、時間外勤務手当、休日勤務手当及び深夜勤務手当を支給する。

在宅勤務者の時間外労働、休日労働及び深夜労働について原則認めない場合の規定例

(テレワーク勤務)
第〇条 在宅勤務者については、原則として時間外労働、休日労働及び深夜労働をさせることはない。ただし、やむを得ない事由がある場合は所定の手続を経て所属長の許可を受けなければならない。
2時間外及び休日労働について必要な事項は就業規則第〇条の定めるところによる。
3 時間外、休日及び深夜の労働については、給与規程に基づき、時間外勤務手当、休日勤務手当及び深夜勤務手当を支給する。

ポイント

関連記事:テレワークにおける労務管理

会社事務入門就業規則などの社内規程の作り方就業規則逐条解説>このページ