カテゴリー
会社の規程

労働時間・休憩|就業規則

トップページ社内規程の作り方就業規則逐条解説>このページ

労働時間と休憩について定める

一般的な労働時間の規定は次の通りです、1週間、1日の労働時間は法定労働時間内におさめる必要があります。休憩時間も1日の労働時間によって法律の規制があるので注意が必要です。

解説記事:法定労働時間について

解説記事:法定休日について

解説記事:休憩について

(労働時間及び休憩時間)
第19条 労働時間は、1週間については40時間、1日については8時間とする。休憩時間は1時間とする。

時間外に勤務を命じるためには、就業規則に次の条項を記載し、さらに労使協定を締結する必要があります。

2 業務の都合により所定時間外、又は深夜に労働を命じることがある。

3 始業・終業の時刻及び休憩時間は、次のとおりとする。ただし、業務の都合その他やむを得ない事情により、これらを繰り上げ、又は繰り下げることがある。この場合、前日までに従業員に通知する。
始業  午前  時  分
終業  午後  時  分
休憩時間  時  分から  時  分まで

休憩時間は一斉に与えなければなりません。一斉にできない場合は労使協定が必要です。

4 休憩時間は、12時から13時までの1時間とする。従業員は休憩時間を自由に利用することができる。但し、社外に出るときはその旨を告げなければならない。

5 業務上の都合その他やむを得ない事情により前項の規定によりがたいときは、労使協定を締結することにより、別の時間帯を休憩時間にすることがある。

一般勤務をする従業員と交替勤務をする従業員が混在する職場では、次の交替勤務の条を追加します。

6 交替で勤務する従業員の始業・終業の時刻及び休憩時間は、次のとおりとする。ただし、業務の都合その他やむを得ない事情により、これらを繰り上げ、又は繰り下げることがある。この場合、前日までに従業員に通知する。

(イ)1番(日勤)
始業  午前  時  分
終業  午後  時  分
休憩時間  時  分から  時  分まで
(ロ)2番(準夜勤)
始業  午前  時  分
終業  午後  時  分
休憩時間  時  分から  時  分まで
(ハ)3番(夜勤)
始業  午前  時  分
終業  午後  時  分
休憩時間  時  分から  時  分まで

7 交替勤務における各従業員の勤務は、別に定めるシフト表により、前月の〇日までに各従業員に通知する。

8 交替勤務における就業番は原則として〇日ごとに〇番を〇番に、〇番を〇番に、〇番を〇番に転換する。

9 一般勤務から交替勤務へ、交替勤務から一般勤務への勤務形態の変更は、原則として休日又は非番明けに行うものとし、前月の〇日前までに所属長が従業員に通知する。

関連記事:いろいろな変形労働時間制

関連記事:時差出勤制度