遅刻や無断欠勤への対応

トップページ>トラブル対応>このページ 就業規則はどうなっているか 多くの就業規則は、解雇の事由として次の項目を掲げていると思います。 ・正当な理由なく無断欠勤14日以上に及び、且つ再三の出勤の督促に応じなかったとき。 … 続きを読む 遅刻や無断欠勤への対応

私的行為に対して懲戒処分できるか

トップページ>懲戒処分をする前に知っておくべきこと>就業規則該当事由の原則>このページ 原則として処分できない 懲戒処分は、原則として会社で起こした不始末に対して科せられるものです。会社を離れたときの行為は、原則として懲… 続きを読む 私的行為に対して懲戒処分できるか

手続きを踏んで懲戒処分しなければ無効になる

トップページ>懲戒処分をする前に知っておくべきこと>このページ 処分手続き厳守の原則 手続きを踏んで懲戒処分しなければ無効になることがあります。これを「処分手続き厳守の原則」といいます。処分を決定するにあたって、あらかじ… 続きを読む 手続きを踏んで懲戒処分しなければ無効になる

二重処分禁止の原則

トップページ>懲戒処分をする前に知っておくべきこと>このページ 二重処分禁止の原則 一つの不始末に対して二重に処分してはいけません。 憲法第39条に次のように規定されています。 何人も、実行の時に適法であった行為又は既に… 続きを読む 二重処分禁止の原則

個人責任の原則

トップページ>懲戒処分をする前に知っておくべきこと>このページ 個人責任の原則とは 公職選挙法では、重要な立場にある者が選挙違反をしたことを理由として、選挙違反に直接関与していない候補者を当選無効にする連座制があります。… 続きを読む 個人責任の原則