社員教育について

トップページ>このページ

社員教育にはさまざまな方法があります。

□ 上司の訓示によって大事なことを知らせる
□ 社内の掲示などによって大事なことを知らせる
□ 社内規程やマニュアルを配布して読んでもらう
□ 日常の仕事を通じて先輩や上司が指導する(OJT)
□ 書籍を配布する
□ 通信教育やe-ラーニングなどで勉強してもらう
□ 外部セミナーに参加させる
□ 社員研修を実施する

ここでは、全般的な社員に対する働きかけを「社員教育」、一定の場所に集まってもらって行う社員教育を「社員研修」と言います。

社員研修のノウハウ

社員研修の社内ニーズを把握する

自社の社員研修の体系を作る

社員研修の講師を養成する

社員研修の効果測定

OJTのノウハウ

OJTの進め方

就業規則

教育訓練|就業規則

労働安全衛生法に定めがある教育

一般的な社員教育は会社の任意ですが、労働安全衛生法に定められた会社が行わなければならない研修があります。

雇入れ時の安全教育と、作業内容変更時の安全教育です。

事業者は、常時、臨時、日雇等雇用形態を問わず、労働者を雇い入れたときはその従事する業務に関する安全又は衛生のための教育を実施しなければなりません。

又は労働者の作業内容を変更したときは、当該労働者に対し、その従事する業務に関する安全又は衛生のための教育を実施しなければなりません。

安全衛生教育