解雇する前に知っておくべきこと

トップページ退職の事務>このページ

解雇とは

解雇全般について解説します。

解雇について

能力不足に対する解雇

基本的には期待通りの能力を発揮しないことで解雇することはできません。従業員が成長するように会社が相当の努力をした上で、解雇以外に方法がないと判断したときに解雇することになります。

普通解雇をするときの注意するべき点

人員整理のための解雇

会社都合による解雇の代表的なものは人員整理のための解雇です。人員整理のために解雇するには、なるべく解雇に至らないように、手順を踏んで、やむを得ないと認められるに解雇に進むことになります。

人員整理のための解雇は整理解雇の4要件を満たす必要があります

懲戒解雇

従業員に就業規則に違反する行為があったときに懲戒処分をすることがありますが、懲戒処分の最も重い処分が懲戒解雇です。

懲戒解雇処分をするときの注意するべき点

会社は懲戒処分をする権利がありますが、従業員はその処分に不服があれば裁判等により対抗することができます。

不当解雇と認定されれば

雇い止めの注意事項

期間が満了すれば当然に退職になります。これを雇い止めといいます。ただし、契約の更新手続きが形骸化していたり、長期間の契約を期待させていた場合などは、雇い止めが認められないことがあります。

雇い止めのルール

有期契約解約の注意事項

雇用期間の定めをして雇用しているうちは、原則として使用者も労働者も、その雇用期間を守るのが原則です。特に使用者は相当の理由がなければ契約を打ち切ることはできません。

有期労働契約途中解約のルール

退職勧奨の注意事項

会社を辞めさせたいという意図があるとき、解雇ではなく、退職勧奨という方法をとることがあります。退職勧奨は、文字通り退職を勧めるということですから、力づくで進めてはいけません。会社を辞めるかどうかは労働者の意思を尊重しなければなりません。

退職勧奨について