カテゴリー
採用

求人の方法

トップページ求人と選考>このページ

知り合いや親せきに頼む

小規模の事業の場合、まずは取引先や親せきなどの知り合いに頼むことが多いと思います。いわゆる縁故採用です。ある程度仕事の内容を知っている人であれば、能力経験がマッチする人を紹介してくれると思います。費用がかからないことも魅力です。ただし、やみくもに頼むのでなく、信頼置けそうな人を選んで依頼するのがポイントです。

縁故採用の場合、気が進まない人を義理で採ってしまうデメリットもあります。第一印象がパッとしなくても成長する人もいますが、多くの場合、第一印象はそんなに狂いがないものです。知り合いに対してはっきりとものが言えないような人は縁故採用は向かないと思います。

ハローワークへ求人の申し込み

ハローワークは、求人側も求職側も料金は一切かかりません。求職者が雇用保険に加入していた場合は、求職者給付を受け取るためにハローワークに申し込むのが一般的です。

ハローワークでの求人申込み手続きの流れは↓

チラシ・新聞広告・ネット広告

求人媒体を利用すると、ハローワークより応募層が広がります。ただし、数万円から数十万円のコストがかかります。事前に問い合わせをして金額等を確認してから申し込みましょう。思いがけないほど多くの応募があることもありますし、全く反響がなくてがっかりすることもあります。

人材紹介会社への依頼

要望をすり合わせして、要望に添った人材をピンポイントで紹介してもらえるところがメリットです。また、採用に伴う手続きの多くを代行してくれるので楽です。それなりの紹介手数料がかかるので、事前に見積もりをもらってから決めてください。