カテゴリー
賃金

現物給与について

トップページ給与計算のやり方>このページ

現物給与とは

労働の対価として労働者に支払われる給与は、金銭で支給されるのが普通ですが、食事の現物支給や商品の値引販売などのように、金銭の形をとらない経済的利益で支払われることもあります。

これらの物又は権利その他の経済的利益の支給を、現物給与といいます。

現物給与に対する課税

基本的には、現物給与にも所得税がかかります。ただし、所得税が課税されないものもあります。

現物給与は、通貨に換算して、受け取った従業員の給与収入とします。 現物給与のうち食事と住宅については、厚生労働大臣が都道府県ごとに、その価額を定めています。

主な非課税現物給与

□ 一定範囲内の通勤用の定期券
□ 作業服、制服
□ 結婚祝い金、お見舞い金
□ 一定の範囲内の社内販売
□ 残業、宿日直者に対して支給する食事

関連記事

社宅費の扱い

食事支給の扱い

レクリエーション費用の扱い

研修費用の扱い

創業記念品や永年勤続表彰記念品の扱い