カテゴリー
会社の運営

社長という呼称は会社法には無い

トップページ会社の仕組み>このページ

社長とは

社長という名称は会社法に規定がありません。会社が独自に定める役職の一つです。多くの会社では定款で規定しています。

実際上は会社の最高権力者となりますが、その力の源泉は、取締役の任免を含む会社の人事権と予算の執行権限をもっているところにあります。

社長を選出する取締役も社長が決めるのが現実です。社長に逆らう取締役は次の株主総会に提出する役員候補の名簿に上がることはありません。

引退する場合でも次の社長選出を取締役会に委ねることは通常は無く、次の社長を指名するのが最後の仕事です。このため、引退後も長い間会社に対する影響力を行使するのが普通です。

委員会設置会社など、社長への権限集中を防ぐ試みはありますが、組織に強いリーダーが必要であるのは否めないことから、社内における社長の力は、これからも衰えることなく続くと思われます。