カテゴリー
社会保険 退職

健康保険の任意継続被保険者

トップページ退職の事務退職時の社会保険手続き>このページ

健康保険の任意継続被保険者とは

健康保険は、事業所単位の加入を原則としているため、退職したときは会社に健康保険証を返して、再就職する人は別として、国民健康保険に入るなり、誰かの扶養者にならなければいけません。ただし、一定の条件のもとに本人の希望により被保険者として継続することができ、この制度によって加入した被保険者を「任意継続被保険者」といいます。

健康保険を任意継続する手続きは、退職後のことですから本人がやならけれなりません。退職者に対して制度の概要を説明しましょう。

任意継続被保険者の条件

任意継続被保険者になるためには、被保険者でなくなった日までに、継続して2か月以上の被保険者期間があることが必要です。

任意継続を希望する場合は、「任意継続被保険者資格取得申請書」を20日以内に保険者(協会健保など)に提出しなければなりません。20日を過ぎても天災地変などの理由であれば受理するようですが、原則として期日を過ぎれば受理されないので注意が必要です。用紙はネットで入手できます。提出は郵送で。

任意継続被保険者の保険料

勤務していたときは会社が払っていた分も自己負担になるので、通常は保険料負担は大きくなります。国民健康保険の保険料と、任意継続被保険者の保険料を比較して、負担の安い方を選択することになります。

任意継続被保険者の標準報酬月額は、退職したときの給与によりますが、協会健保の場合、この額に28万円という上限があります。よって、保険料にも上限があります。高い給与をもらっていた人の場合は保険料が下がり、国民健康保険への切り替えより得になる場合もあります。

一般的には、前年の世帯収入が多いと、国民健康保険料が多額になるので、任意継続保険者制度の方が有利だといわれています。保険料は地域差もあります。断定的なことを言わずに、住所地の市町村役場の国民健康保険の窓口で相談することを勧めましょう。