カテゴリー
採用

雇用契約書のサンプル

トップページ採用の事務採用手続きチェックリスト>このページ

株式会社〇〇(以下甲という)と〇〇〇〇(以下乙という)とは、下記の労働条件によって雇用契約を締結する。

甲は、乙を下記の条件で雇用し、乙は甲の就業規則等(各事業場に備え付けてある)を遵守し、業務上の指示に従って誠実に勤務することを約した。

1 雇用期間
□期間の定め無 □期間の定め有り( 年 月 日~ 年 月 日)

2 就業場所(              )

3 業務内容および役職(                 )

4 始業、終業の時刻、休憩時間、所定時間外労働等
① 始業 時 分~終業 時 分
② 休憩時間  時 分~時 分
③ 所定時間外労働の有無 □無 □有
(限度時間1週 時間、1ヶ月 時間、1年 時間)

5 休日労働の有無 □無 □有
(限度日数 1ヶ月 日、1年 日)

6 休日 毎週 曜日 祝祭日 年末年始 夏季休暇 その他(     )

7 休暇 年次有給休暇 雇入れの日から6ヶ月継続勤務した場合 日 その後は就業規則に記載の通り

8 その他の休暇 就業規則に記載の通り

9 賃金
① 基本給 月給(        円)
② 諸手当(                )
③ 時間外割増賃金 就業規則に記載の通り
④ 賃金締切日(   日)
⑤ 賃金支払日(   日)
⑥ 昇給は、原則として毎年4月人事考課に基づいて実施する。ただし、会社の業績その他の事情により昇給しないこともある
⑦ 賞与 原則として毎年7月と12月に人事考課に基づいて支給する。ただし、会社の業績その他の事情により支給しないこともある
⑧ 退職金 退職金規程に記載の通り

10 退職 満60歳に達した月をもって定年退職とする。ただし、最大65歳までの継続雇用制度がある

11 自己都合退職の場合は退職希望日の1ヶ月前までに届出ること

12 就業規則に定めた事由により解雇することがある

13 1の雇用期間が期間の定めのある場合には次の通りとする
契約の更新は □更新しない □更新することがある

14 13が「更新する場合がある」の場合は次の基準により判断する
① 契約期間満了時の業務量により判断する
② 労働者の勤務成績、態度により判断する
③ 労働者の能力により判断する
④ 会社の経営状況により判断する
⑤ 従事している業務の進捗状況により判断する

この契約の証として本書2通をつくり各々1通を保有する

平成  年 月  日

(甲)              
住所              
    名称              
    代表者氏名          印
(乙)              
住所              
    氏名             印