カテゴリー
労働時間

持ち帰り残業は労働時間か

トップページ労働時間の適正な管理>このページ

自宅で仕事をした場合残業代はつくか?

会社の指示や承認により自宅で仕事をすることは、リモートワークやテレワークという呼称で、一般的に行われています。

この場合は、始業・終業時間の報告など、労働時間管理に必要な取り決めがあらかじめなされているので、その内容によって労働時間が把握され、時間外労働があれば割増賃金が支払われます。

問題になるのは、公認されていない仕事の持ち帰りです。

法律上は、会社でやっても、自宅でやっても、仕事をしたのであれば労働時間にカウントしなければなりません。

しかし、こうした持ち帰り残業の多くは、会社に無断で行い、また時間外労働として申請されないのがほとんどです。

この場合、自宅に持ち帰らなければならない業務量であることを上司が知りつつ、知らない振りをしてやらせていることがあります。その場合は、黙示の指示があるものとして労働時間に入ります。

本人が申告せず、上司も気がつかなければ、会社の労働時間にカウントされることはありません。

しかし、実質的に長時間労働をしていることになるので、疲労が蓄積し、体調に異変が生じてから発覚することがあります。

こうなると、従業員の自己責任と言っていられなくなります。そのような状況を把握できなかったことが会社の落ち度になります。

管理者が仕事の配分を気にかけ、特定の人に過剰な仕事を押し付けないようにしなければなりません。また、過度に忙しい部署に対して人事上の配慮を速やかに行うことができるような仕組みも必要です。