カテゴリー
職場環境

介護休業給付金

トップページ働きやすい職場環境介護を支援する諸制度>このページ

介護休業給付金の受給条件

介護休業中の人に雇用保険から支給されます。

受給できる条件は次の通りです。

1.雇用保険の被保険者である
2.介護休業開始日前の2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある月が通算12ヶ月月以上ある
3.介護休業期間中の1ヶ月ごとに、休業開始前の1ヶ月当たりの賃金の8割以上の賃金が支払われていない

有期契約の人は
1.入社1年以上
2.介護休業開始予定日から起算して93日を経過する日から6ヶ月を経過する日までに、労働契約期間が満了し、更新されないことが明らかでないこと

上記の条件を満たしていれば、正社員でなくパート等も受給できます。

また、介護休業給付金は、復職することが前提なので、休業後に退職する予定の人は受給できません。

介護休業給付金の受給額

介護休業給付金は賃金日額の67%です。

ただし、賃金日額には上限と下限があります。

同一の対象家族について、介護休業給付金を受けたことがある場合であっても、要介護状態が異なることにより再び取得した介護休業についても、介護休業給付金の対象となります。ただし、この場合は同一家族について受給した介護休業給付金の支給日数は通算して93日が限度です。

介護休業給付金の受給手続き

介護休業給付金の手続きは勤務先の会社が行うのが基本です。申請先は事業所の所在地を管轄するハローワークです。

提出期限(各介護休業終了日の翌日から起算して2ヶ月を経過する日の属する月の末日)までに事業所管轄のハローワークへ申請します。

提出書類

□ 雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書
□ 介護休業給付金支給申請書

添付書類

□ 被保険者が事業主に提出した介護休業申出書
□ 住民票記載事項証明書等(介護対象家族と被保険者本人との続柄などを確認する)
□ タイムカード等(介護休業の開始日・終了日・休業日数などを確認する)
□ 賃金台帳等(介護休業期間を対象として支払われた賃金を確認する)