カテゴリー
会社の規程

採用手続|就業規則

トップページ社内規程の作り方就業規則逐条解説>このページ

採用手続きについて定める

採用の手続きを明確に示します。

(採用手続)
第4条 会社は、入社を希望する者に対して選考を行い、選考に合格した者に対して所定の採用手続を行なって採用する。

解説記事:面接試験の注意事項

解説記事:採用不採用の通知

解説記事:採用の事務

内定取消について

採用手続きに加えて、内定取消時のルールを記載することもあります。

(内定取消)
第〇条 選考に合格した者であっても、次のいずれかに該当する場合は採用を取り消すことがある。
① 提出書類に虚偽の記載があったとき
② 入社日までの間に採用予定者の健康状態が悪化し、業務に耐えられないと会社が判断したとき。
③ 学校の卒業、資格の取得などの採用の前提条件が達成されなかったとき
④ 合格通知後、犯罪行為などが発覚して、会社の従業員となることに相応しくないと会社が判断したとき
⑤ 合格通知後、予期せぬ会社の経営環境の悪化により採用が困難になったとき

ただし、入社日までは就業規則が適用されないので、就業規則に書いてあることを理由に採用取消しするのは無理があります。この規定を有効にするには、別途、内定通知書等に記載して交付しなければなりません。

解説記事:内定について

解説記事:内定取り消し