カテゴリー
社会保険

従業員が75歳になったときの社会保険手続き

トップページ社会保険の手続き社会保険の変更手続き>このページ

健康保険の扱い

75歳になると、健康保険からはずれ、新たに後期高齢者医療制度に加入します。

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度には年齢到達で自動的に加入しますが、それまで加入していた健康保険については、保険証返却の手続きが必要です。

健康保険被保険者資格喪失届
被扶養者(異動)届
任意継続被保険者資格喪失申出書

被保険者が75歳未満のときに被扶養者が75歳に到達したときは、被扶養者のみが後期高齢者医療制度に加入します。

被保険者が75歳で、被扶養者が75歳未満のときは、被保険者が後期高齢者医療制度、被扶養者が国民健康保険に加入します。

注意点

後期高齢者医療制度は、一定の障害があると認定された方は65歳から被保険者になります。