カテゴリー
労働保険

雇用保険の加入資格

トップページ労働保険の手続き>このページ

所定労働時間と雇用期間

31日以上の雇用見込みがあり、所定労働時間が週20時間以上の人は雇用保険に加入させなければなりません。

なお、同じ労働保険でも、労災保険の方は、雇用見込み期間や所定労働時間数にかかわらず、パートやアルバイトも含め全ての人が対象になります。

所定労働時間とは、就業規則や雇用契約書などによって、通常勤務するべき時間として定めた時間をいいます。1週間の所定労働時間が変動する場合は、一定の周期における平均時間で算出します。

試用期間中でも勤務の初日から雇用保険に加入させなければなりません。

長期欠勤や休職等で賃金の支払がない人も、雇用関係があるうちは被保険者です。

2以上の事業所に勤務する人は、主たる賃金を受け取る方の被保険者になります。ニ重加入はできません。

雇用保険に入れる人入れない人

65歳以上の人

以前は、65歳になれば、高年齢継続被保険者となっている場合を除き、雇用保険の対象外でしたが、平成29年1月以降は、高年齢被保険者として雇用保険の適用対象になっています。

高年齢被保険者

継続して雇用している場合は自動的に被保険者区分が切り替わるので、会社としては特に届け出の必要はありません。新たに65歳以上の高齢者を雇用したときは、年齢にかかわらず資格取得届を提出しなければなりません。

取締役や監査役等

法人の役員は原則として雇用保険の被保険者、労災保険の対象者になりませんが、従業員としての身分がある場合は被保険者になれる場合があります。

個人事業主は雇用保険に入ることは出来ません。個人事業主が雇っている従業員については、条件を満たせば雇用保険に入れてやる必要があります。

役員・親族等の労働保険

同居の親族等

同居の親族・家族従業者は原則的には雇用保険の被保険者、労災保険の対象者になりませんが、条件によっては被保険者等になることができます。

家事使用人は、原則として被保険者になれませんが、主として家事以外の労働に従事することを本来の職務とする場合には被保険者になることができます。

役員・親族等の労働保険

他の保険等でカバーされている人

国、都道府県、市町村などに雇用される人は、別の法令による手当が支給されるため、雇用保険に入れません。ただし、国等から支給される手当が、雇用保険の給付を下回ってしまう人は、雇用保険の被保険者になることができます。

学生

昼間は学生として学校に通っているという人は被保険者となれません。ただし、卒業見込であり卒業前に就職し卒業後も引き続いてその事業所にて働く場合、休学中の場合、出席日数を課程修了の条件とはしていない学校に通っていて同じ職場の他の従業員と同じような条件で働くことが出来る場合は被保険者になることができます。

季節的に働く人

季節的に雇用される人、短期間の雇用に就くことを状態としている人は、原則として被保険者になれませんが、条件を満たせば短期雇用特例被保険者になることができます。

途中で労働条件が変わったとき

最初は、加入条件を満たさない労働時間で採用したのに、途中から長い時間働いてもらうことに変更したり、契約上の労働条件は変わっていないのに実質的に労働時間が長くなったりした場合は、変更になった時点で雇用保険に加入させなければいけません。

社会保険等の加入についてパートの方から言いだしにくいものです、事業主の方で加入条件を満たすかどうか気を配り、迅速に手続きをとるようにしましょう。

雇用保険の資格取得手続き

採用時の雇用保険手続き