カテゴリー
会社の規程

休日|就業規則

トップページ社内規程の作り方就業規則逐条解説>このページ

休日について定めます

休日は週に1日、または4週に4回は必ず与えなければなりません。それ以外の休日は任意です。ただし、週の労働時間を40時間におさめるためには休日数は週1日では足りません。

(休日)
第20条 休日は、次のとおりとする。
① 土曜日及び日曜日
② 国民の祝日(日曜日と重なったときは翌日)
③ 年末年始(12月〇日~ 1月〇日)
④ 夏季休日(  月  日~  月  日)
⑤ その他会社が指定する日

休日の振替について定めます。

2 業務の都合により、あらかじめ前項の休日を他の日と振り替えることがある。

休日に勤務を命じるためには、就業規則に次の条項を記載し、さらに労使協定を締結する必要があります。

3 業務の都合により休日に労働を命じることがある。

解説記事:法定休日について

解説記事:振替休日について

解説記事:時間外労働の手続き