カテゴリー
会社の運営 採用

入社式

トップページ会社の行事>このページ

入社式とは

入社式は、新規採用の社員に対して歓迎と期待を伝達し、会社の一員としての自覚を促すために行う社内行事です。

入社式の準備

日程調整

4月1日を軸に日程を調整します。

会社を代表する社長の出席は欠かせません。人事担当役員や、新入社員の配属先担当の役員の日程にもできるだ合わせるようにします。役員が出席できない部門には代理者の出席を求めます。

次第に講演を組み込むのであれば、講師の選定と日程調整が必要です。

日程調整の結果、3月末や4月初めにずらすこともあります。

日程が決まったら入社予定者に連絡します。入社後の平日に行うので出欠をとる必要はありませんが、心構えをさせるために事前連絡します。

会場予約

社内の会議室等で行いますが、規模が大きい場合はホテルや貸しホールなどで行います。

外部の会場で行うのであれば、は数ヶ月前から予約しておく必要があります。また、懇親会を行うのであれば、人数にかかわらず入社式と懇親会を連続してホテル等で行った方がスムーズに実施できるでしょう。

入社式案内の例

令和〇年〇月〇日

内定者の皆様(または、〇〇〇〇様)

〇〇株式会社
総務部長 〇〇〇〇 印

入社式のご案内

拝啓 新緑の候 入社予定の皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。

皆様を当社にお迎えするにあたり、下記の通り、入社式を執り行いますのでご案内いたします。

皆さんが元気に出社されることを心待ちしております。

敬具

開催日時 令和〇年〇月〇日(〇曜日)午前〇時集合

集合場所 本社会議室(〇〇ホテル)

服装 なるべくスーツ着用でご出席ください

この文書への返信はいりません。問い合わせがあれば、総務課に連絡してください。

辞令準備

辞令交付は入社式のメインイベントです。初めて交付する辞令は、入社許可書の意味があります。法律的には指示された出社日になれば従業員になりますが、会社としては辞令の交付と受領をもって正式に入社したことにします。

式の進行

入社式次第の例

開式の宣言 〇〇部長

歓迎の言葉 社長

辞令交付 社長から新入社員へ

新入社員代表の決意表明

閉式の宣言 〇〇部長

記念講演 〇〇〇〇先生

記念撮影

懇親会次第の例

開式の言葉 司会

歓迎の言葉 副社長

乾杯 来賓代表

会食

閉式の言葉 司会

カテゴリー
会社の運営

竣工式について

トップページ会社の行事>このページ

竣工式とは

竣工式は工事の終了を祝う神事が中心です。招待するのは工事関係者や取引先などです。竣工式は大安の日に行われるのが通例です。

竣工式の準備

祭壇、供え物、式次第等については地鎮祭と同じところもあります。次のページもご参照ください。
地鎮祭について

祭壇と供え物

祭壇や供え物の費用は施主持ちですが、施工業者が慣れているので手配をお願いすることが多いです。神職ともよく打ち合わせをして進めましょう。

初穂料

神職への謝礼は、事前に聞いても失礼にはあたらないので明確に確認しておきましょう。また、神職に、祝詞の準備をしてもらうために、式典日時、式典名称、地鎮祭の日時、住所、施主名、施工会社名などを伝えます。

玉串の本数

玉串奉奠をする人数を決めて、予備も含めて用意します。

竣工式次第の例

開式

司会者が開式を宣言します。

修祓(しゅばつ)

神職がお祓いを行います。神職が祭壇の正面に出て祓詞(はらいことば)を述べ、ついで大麻を持ってお祓いします。

降神の儀(こうしんのぎ)

神様をお呼びします。

献饌(けんせん)

神様に供え物を差し上げる儀式です。前もって供え物を祭壇に供えておくので、瓶子(へいし)の蓋を取る作法を行います。

祝詞奏上(のりとそうじょう)

神職が祝詞を読み上げます。

切麻散米(きりぬささんまい)

神職は大麻で祓ったあと、米、塩などを敷地又は式場の四隅にまきます。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

参列者の代表が玉串を神前に捧げます。

撤饌(てっせん)

祭壇から供え物を下げる儀式です。献饌と同様に神職が瓶子の蓋をかぶせる作法を行います。

昇神の儀(しょうしんのぎ)

神様にお帰りいただきます。

閉式

司会者が閉式を宣言します。

神酒拝戴(しんしゅはいたい)

神前のお下りの神酒をいただきます。

直会(なおらい)

祝宴を行います。祝宴を別途行う場合は、神事のあとの直会を行わない場合もあります。

神社により作法等が異なります。

竣工式案内状の例

拝啓 〇〇の候 いよいよご清栄の由 お慶び申し上げます
平素は格別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます
さて このたび弊社では念願でありました新社屋の建設が無事終了致しました
これも ひとえに皆々様のご厚誼の賜と心より感謝しております
つきましては 下記により竣工式を執り行いたいと存じますので、ご多忙のところ誠に恐縮ではございますが 何卒ご来臨くださいますようお願い申し上げます

敬具

令和〇年〇月吉日

〇〇株式会社
代表取締役 〇〇〇〇

日時 令和〇年〇月〇日(〇曜日)〇時~〇時
場所 弊社 新社屋
住所 ・・・・・・・・・・・・・
なお お手数ですが 〇月〇日までに 同封のはがきにてご出欠をお知らせくださいますようお願い申し上げます

落成式とは

落成式は竣工式は別のものです。

一般的には、竣工式は神事を伴いますが、落成式は神事ではなく建物のお披露目が中心です。

流れとしては、竣工式が終わってから落成式を行います。竣工式を小規模に行い、違う日に盛大に落成式を行うこともあります。

また、竣工式のあとの直会を落成式に代えることもあります。

落成式は一般的には神事は行わず、施主、工事関係者、来賓からの挨拶、感謝状や記念品の贈与を行います。テープカット、くす玉割り、鍵の引き渡し式を行うこともあります。

落成式次第の例

施主挨拶

工事の報告

工事関係者への感謝状進呈

来賓祝辞

テープカット

乾杯

祝宴

祝電披露

万才三唱

落成式案内状の例

拝啓 〇〇の候 いよいよご清栄の由 お慶び申し上げます
平素は格別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます
さて このたび弊社では念願でありました新社屋の建設が無事終了致しました
これも ひとえに皆々様のご厚誼の賜と心より感謝しております
つきましては 新社屋の披露かたがた日頃のご厚情に感謝の意を表し左記の通り小宴を催したく存じます
ご多忙のところ誠に恐縮ではございますが 何卒ご来臨くださいますようお願い申し上げます

敬具

令和〇年〇月吉日

〇〇株式会社
代表取締役 〇〇〇〇

日時 令和〇年〇月〇日(〇曜日)〇時~〇時
場所 弊社 新社屋
住所 ・・・・・・・・・・・・・
なお お手数ですが 〇月〇日までに 同封のはがきにてご出欠をお知らせくださいますようお願い申し上げます

ご祝儀

招待されたときはご祝儀として金一封を持参します。品物で贈るときは、暖房器具やライターなど火を使う品、火を連想させる品は、適さないとする習わしがあるので注意が必要です。

カテゴリー
会社の運営

地鎮祭について

トップページ会社の行事>このページ

地鎮祭とは

地鎮祭(じちんさい)とは、建物などの工事に際して、工事が安全に終わることや、完成後の事業が繁栄するように祈る儀式です。一般的には神式で行われます。

地鎮祭の日取りは大安や先勝などの吉日(友引きも)を選んで午前中に行います。

通常の会社は地鎮祭に不慣れなので、一般的には施工会社に仕切ってもらいます。

地鎮祭の参列者

□ 斎主(神事を司る人)をつとめる神職
□ 施主(建物の発注者)
□ 施工会社(工務店など)
□ 来賓

神社は一般的には施工場所に近い神社にお願いします。

来賓は会社の代表的な取引先、近隣の代表者などを招待します。通常は大人数になることはありません。

地鎮祭の準備

祭壇

祭壇その他の準備は施工業者に一任することが多いです。施工業者は地鎮祭を行うことが多いので、必要なものを持っていることが多いです。建築する場所の中央に、南または東向きに祭壇を設置します。

一般的には、祭壇のまわりに竹を4本たて、竹に注連縄を張り巡らします。祭壇の右手に盛り砂・盛土を用意します。

お供え物

神前に供えるお供え物を用意します。通常は施主が用意します。

□ お米一合 お米を洗ってざるに上げタオルなどに広げて一晩乾かして用意します。
□ お酒一升 蝶結びのお祝い熨斗を用い表書きは「奉献」です。
□ 海の幸 鯛またはそれに代わる尾頭付きの魚と、昆布などの乾物を用意します。
□ 山の幸 季節の果物
野の幸 野菜 地面の上にできるなす、トマトなどと、地面の下にできる大根、芋など
□ 塩一合
□ 水一合

以上は一般的な例です。神社によってお供えする種類や、量に違いがあるので、相談の上用意しましょう。

初穂料

初穂料を神職に払います。謝礼の表書きは、赤白の蝶結びのお祝い袋にいれて、御初穂料、御神饌料、御玉串料などと書きます。

費用は施主の負担が原則です。

初穂料は、神社のホームページで確認しておきましょう。分からないときは直接電話等で聞いておきましょう。

施工業者への祝儀

棟梁、大工、職人、現場監督、作業員などにご祝儀を渡すことがあります。ご祝儀は必須ではありません。

その他の準備品

□ 榊
□ 儀式で使う、鍬(くわ)、スコップなど 白木で作ったものを使用しますが、新品の市販品で代用することが多くなりました。
□ 椅子
□ 神酒拝戴で使う湯呑み
□ 半紙

規模によっては、紅白幕やテントを用意します。

地鎮祭の次第

神様にお供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをして、代表者が鍬(くわ)などで工事の最初のひと堀りをします。

全体の流れは30分~60分くらいです。

1.入場および開式の辞
司会が開式を宣言します。

2.修跋の儀(しゅばつのぎ)
神職が祭壇、土地、参列者をお祓いしてお浄めします。

3.降神の儀(こうしんのぎ)
神職が神様をお迎えします。

4.献饌 (けんせん)
神職が神様にお供え物を捧げます。

5.祝詞奏上(のりとそうじょう)
神職が神様に祈りの詞をささげます。

6.切麻散米(きりぬささんまい)
神職が工事を行う土地を清めます。

7.地鎮の儀(じちんのぎ・とこしづめのぎ)
施主が鍬(くわ)や鋤(すき)を入れ、神職が鎮め物(しずめもの)を納めます。施工業者の代表、来賓の代表が加わることもあります。

8.玉串奉奠(たまぐしほうてん)
参列者が神前に玉串を捧げます。

9.撤饌(てっせん)
神職がお供え物をお下げします。お供えしていた塩、酒、米は土地の四隅に撒きます。果物や野菜などは施主が持ち帰ります。

10.昇神の儀 (しょうじんのぎ)
神職が神様にお帰りいただきます。

11.閉式の辞(へいしきのじ)
司会が地鎮祭の終了を宣言します。

12.神酒拝戴 (しんしゅはいたい)
お神酒をいただきます。

13.直会の儀(なおらいのぎ)
関係者で会食します。

近所へのご挨拶

地鎮祭が終わると、工事車両の出入りや騒音などで迷惑を掛ける周辺住民の方に挨拶をしてまわります。一般的には施工会社の人がやってくれますが、施主が一緒にまわることもあります。

手土産品は、1000~3000円程度で、紅白蝶結びの熨斗紙で、表書きは、「御挨拶」などです。

挨拶の範囲は、騒音や工事車両の出入りなどで迷惑がかかりそうな範囲です。めやすは向こう三軒両隣です。

カテゴリー
会社の規程 会社の運営

労働慣行について

トップページ社内規程の作り方規程の基礎知識>このページ

労働慣行とは

このようなことはないでしょうか?

□ 遅刻については届を出させているが賃金はカットしていない
□ 一部の人に危険手当を出しているが特殊なケースなので就業規則に定めていない
□ 就業規則にはパートタイムには賞与を支給しないと書いてあるが、実際は額は少ないものの支給してきた
□ 就業規則にはないが、午後3時に30分の休憩をさせている
□ 有給休暇の取得申請は就業規則に事前にと定めているが、実際は事後の申請を認めている

など、特に中小企業においては、就業規則の定めとは違うことが行われていることが多いものです。

そして、多くの会社では、恩恵的にやっていることだからいつでも就業規則のやり方に戻れると安易に考えています。

しかし、就業規則や雇用契約書に定めがないものであっても、職場でそれが反復継続された場合には、それが権利になってしまうことがあります。

これを「労働慣行」といいます。

労働慣行の効力

労働慣行は、法律によるものではありませんが、成立すれば法律と同様の効力があります。その根拠は民法92条です。

民法92条
法律行為の当事者がその慣習による意思を有しているものと認められるときは、その慣習に従う

そして次のような裁判例があります。

東京地裁昭和46.9.13判決〇〇協会事件
法律行為の当事者がある期間事実たる慣習に依って行為を繰り返している場合は、事実たる慣習は、その当事者間の契約内容に転化する。

これまでの裁判例などを参考に、就業規則と異なる運用が行われている場合に、それが労働慣行と認められるためには次の要件が必要とされると解されています。

①ある事実上の取扱いや制度と思われるものが
②反復して継続して行われており
③その取扱いや制度を一般従業員も 特徴も認識しており
④就業規則の制定変更権限のある経営者が明示または黙示的に是認しておりそれを当然のこととして労使ともに異議を述べておらず
⑤労使ともにそれに従っておりルール化(規範化)している

この5つの要件をすべて充足するような、職場における事実上の取扱いや制度があれば、それがいわゆる労働慣行と認められます。

労働慣行の具体的事例

労働慣行が成立していると認められる場合でも、その事項によって法的効力が異なります。

実質的な就業規則

例えば、かつて8時30分始業であったものを、所定労働時間に関する法的な要請をクリアするために9時始業にあらため、その際就業規則を変更するべきであったのに怠っていたという場合です。

このような場合は、就業規則と異なる労働慣行が成立していることになりますが、改定していない就業規則のその部分は無効になり、実態の労働慣行が有効になります。いわゆる「不文の就業規則」と言われるものです。

例えば、乗車する際に車の点検を行という指導が行われて実施しているがこれについての規程の定めがないという場合です。

このような場合は、就業規則等に定めがなくても労働慣行の要件を満たせば、効力が認められます。

就業規則の適用変更

本来の適用を怠っていた場合、例えば、就業規則では遅刻等を控除することになっているが、給与計算担当者の怠慢でこれまでに控除したことがない場合です。

遅刻をしても控除されないというのが労働慣行になっていたとしても、労働者に遅刻をする権利があるわけでないので、労働慣行としての効力は少ないと解されます。

個別の労働契約を構成する

例えば、残業時間が夜の8時を超えた場合は、慣例として、食事代が一人500円が支給されることになってような場合です。

本来であれば、給与規程に明文化しなけれなりませんが、していないとしても、このような支払いが労働慣行の条件を満たしていれば、使用者と労働者の労働契約の内容に追加されたとみなされます。

労働慣行と強行法規

その会社や職場の一般的な従業員ならば誰でもそのような事実上の制度や取り扱いがあることを知り、かつ、それを認容し、使用者も異議を述べていない慣行でも、それが公序良俗や強制法規に違反するものであれば法的な効力は成立しません。

昭和47年4月6日最高裁第1小法廷判決〇〇県教組事件
職員会議の続行による時間外勤務に対しては時間外勤務手当を支払わない、あるいはこれを請求しないという慣習は、仮にあったとしてもその効力を有しない・・・・労働条件の基準を定める労働基準法の規定が強行法規であることは同法13条の規定によって明らかである時間外労働に対する割増賃金支払義務を定める労働基準法の規定が公の秩序であって、これに反する慣行は効力を有しないとする原審の判決は正当である。

営業職に対しては残業代を支払わないという慣行を見かけますが、労働基準法に違反しているのでその慣行は無効です。

労働慣行の是正・変更

労働慣行の内容が会社側にとって特段問題のないものであれば、あえて対応をしないということも考えられます。

しかし、現状で特に問題がない場合でも、明文化した方が会社秩序としても好ましいでしょう。

また、問題がある労働慣行があるならば廃止する方向で動くのが妥当です。

労働慣行の是正・変更するにはつぎの方法があります。

①就業規則の改正による是正変更
②明示の意思表示による是正変更
③労使合意による是正変更

就業規則の改正による是正変更

就業規則には記載されていないが、経営者も認めて取り扱ってきた慣習が事実的な就業規則になっていることを認め、これを就業規則の改正により是正変更する方法があります。

この場合、労働者にとって不利益になる場合は注意しなければなりません。
就業規則改定による不利益変更

明示の意思表示による是正変更

労働慣行の確率の程度が弱い場合には、変更や廃止の意思表示を明示するだけで労働慣行を是正変更できることがあります。

□ 今回限りの特別な臨時措置である
□ 特定の社員を対象にした暫定処理であり恒常化はしないものである

などの旨を明確に労働者側に伝達します。

使用者の意思表示に対して、労働者側が異議を述べない場合には合意によって是正変更が行われたことになります。

労使合意による是正変更

穏当な方法としては、話し合いによる是正変更です。使用者が 労使協議の場で、是正変更を提案し、労働側はそれに同意を表明し、労働協約を締結することによる方法があります。

労働組合がない場合には社員代表などによる承諾もこれに含まれます。

カテゴリー
会社の運営

株主総会における代理人の扱い

トップページ会社の仕組み株主と株主総会>このページ

原則的な取り扱い

株主総会に会社が発行した議決権行使書(または委任状)用紙を持参して来場した人については、(明らかにその人が本人でないことが明確な場合をのぞき)その人を株主本人であると推定して受付することに問題はありません。

特段、本人確認などは行わないのが一般的で、本人確認を行わなかったことに問題が生じることはないようです。

代理人であるとの申し出があった場合

来場した人が、議決権行使書(または委任状)用紙を提示しつつ、自分は株主本人でない旨を告げたときは、代理人として取り扱わなければなりません。

まず、定款において、株主の代理人が他の株主に限定されている場合(ほとんどそうなっています)は、代理人の住所氏名を質問し、株主名簿と照合して代理人資格を確認します。

来場者が代理人資格を有している場合は、提出された議決権行使書(または委任状)で出席として扱います。

来場した人に代理人資格が無い場合は、出席させることができないことになります。

この場合、せっかく来場されたということで、多くの会社では、次の措置をとっているようです。

① 本人出席または議決権行使書(または委任状)出席のいずれにもカウントしないものの、傍聴者として入場させる。
② (申し出がなければ入場させていたはずであるため)特別措置として出席として扱う。

いずれの場合でも、受付で混乱が生じないように、事前に取扱基準をマニュアルなどに明記して受付担当者に徹底させておく必要があります。

法人株主の場合

法人株主の場合は、名義の代表者ではなくその法人の役職員が来場するのが一般的です。

この場合は、従業員である等の申し出があっても、いわゆる代理人としては取り扱わず、株主本人の出席として取り扱うのが通例です。