カテゴリー
採用

有期雇用労働者雇用の注意点

トップページ採用の事務>このページ

有期労働契約とは

1ヶ月とか、1年のように、期間を定めて雇用することを有期労働契約といいます。

期間の定めのある労働契約を結ぶときは、その期間は3年以内にしなければなりません。ただし、いくつかの例外があります。

労働者が不当に長期間にわたる契約により拘束されることを防止しようという趣旨の定めです。

高度の専門的人材は最大5年の労働契約を結ぶことができます。
5年の労働契約を結べる場合

労働契約法では、有期雇用の契約期間の上限を定めていますが、短い期間の契約を反復更新しないようにする配慮も求めています。

有期雇用契約の途中解約には制限があります。期間を定めた場合は、その期間内で契約を解除することは原則としてできません。
有期労働契約途中解約のルール

雇止めのルール

期間が満了すれば当然に退職になります。これを雇い止めといいます。ただし、契約の更新手続きが形骸化していたり、長期間の契約を期待させていた場合などは、雇い止めが認められないことがあります。
雇い止めのルール

契約の更新手続きが形骸化していたり、長期間の契約を期待させていた場合などは、雇止めできないことがあります。
雇止めが無効になる場合

無期転換について

3年の契約を更新して繰り返すことはできますが、5年に達すると無期の労働契約に転換されます。
無期労働契約への転換

同一労働同一賃金

パートタイム・有期雇用労働者の均衡均等待遇

労働条件の明示

労働者を雇い入れたときは、労働時間その他の労働条件を明示し、一部は文書で交付しなければならないと労働基準法に定められています。労働基準法の定めは、当然有期雇用労働者にも適用されます。
採用時の労働条件の明示

有期雇用労働者の社会保険等

一定の条件を満たす有期雇用労働者を厚生年金保険と健康保険に加入させなければなりません。

労災保険は有期雇用労働者を含む全ての労働者に適用されます。
労災保険のあらまし

一定の条件を満たす有期雇用労働者を雇用保険に加入させなければなりません。
雇用保険の加入資格

有期雇用労働者への労働法の適用

労働基準法や労働安全衛生法などの労働関係法は有期雇用労働者を含む全ての労働者に適用されます。

有期雇用労働者に適用する就業規則

有期雇用労働者に適用する就業規則を作成するべきです。
社内規程の作り方